クラッチまわりのリフレッシュ。

Bike
スポンサーリンク

先日のワークショップウィンターキャンペーンで交換が必要と診断されたクラッチまわりのリフレッシュをやってもらいました。

お店は某大手ディーラー。

明細は以下のとおり
品名           品番       金額
クラッチハウジング    19810271A   21,150
クラッチディスクSET   19020013A   26,451
ベアリング        70250161A    1,940
消費税                    2,477
-------------------------
合計                   52,018

ハウジングとディスクが通常より10%オフになってます。
ベアリングは対象ではありませんでしたが、ついでにやっちゃわないと損でしょーという事で言われるがままに。
ちなみに交換工賃は無償です。

自分で部品を取り寄せて交換…ってな事も考えたりしたのですが今回は手間・時間を優先してやってもらった次第です。

外したクラッチディスクのコンディションはこんな感じ

普通のヘタリ具合

ひどい状態
748_cruchplate_1
と、ツルンツルンになってます。

お店の人には「滑ってませんでしたか?」と聞かれましたがそう感じた事はありませんでした。
鈍いだけかも?
滑るとどうなるかはNSRのとき学んでるので多分…ですけど今回は滑ってなかったと思われます。
ヘタすると全くトラクションかからず走れなくなる事もあるそうなので運が良かったらしい。

バスケットのツメはこんな感じ。

段が付いてますね~。

交換後の感触ですが、アイドリング・クラッチ切ったときともにかなり静かになりました。
乾クラらしいあのノイズが激減してちょっと寂しいかも…。
走りの方は以前よりパワーを感じる…気がします。やっぱり滑ってたのかな。
ヘタレライダーな自分の感覚、こんな程度です

さて。次は春に向けてタイヤ交換など致したいところであります。

スポンサーリンク

コメント