Bike turing

【ツーリングの記録】2016梅雨明けオフ

2018/11/14

スポンサーリンク

毎年恒例の梅雨明けオフの記録。

『オフ』と銘打たれておりますのは、この集まりがもともとFirstClassという広域BBS*1内に存在した一会議室*2のオフ会がルーツだからであります。

*1 パソコン通信。インターネットなんてまだ皆が使えなかった時代のネットワーク
*2 mixiでいうコミュとか2chでいう板みたいなもん

 

いつもは一泊するんですが今年は都合が合わず日帰り。
土曜日、富山に宿泊しているメンバーに自分は日曜日だけ合流します。
自宅から富山までは約400Km。
普通に中央道~長野道~下道で行けば6時間という予測。
というところを敢えて高速を使わないという無謀な行為に挑みます。
20号で山越え(八王子~甲府)ってどんな感じなのか興味があったのと、42歳のオレがどこまで無茶出来るのかッ?!
ってのを試したかったのです。

深夜0:30に出発して現地8:00到着が目標。
ナビの計算ではアウトですが足の速いバイクだったらいくらか短縮出来ようという根拠の曖昧な目論見。

自宅~100Km地点

自宅~甲府

都道173号線~国道20号線 101Km
20号は実際走ってみると照明が無かったり途中峠みたいな区間があり、数か所で走り屋なんかも見かけたのでちょっと怖かったです。甲府が近くなったあたりから2車線になり割と快適。大阪で言うと26号線に似た雰囲気。郊外でファミレスやドンキがあり定期的に表れるコンビニ。2時間程で100Km地点に到達したのでコンビニに入り休憩。
2:30。晩御飯はちゃんと食べたのにお腹が空いちゃったのでおにぎりで小腹を満たしまったりしているとなんかこのチャレンジがどうでも良くなってきてしまいました。

42歳、思ってた以上にヘタれてました。

100Km地点~松本IC 約100Km

甲府~松本

というわけでチャレンジは無かった事にして甲府昭和から中央道に乗りました。
ところが今度は寒い!
なんせメッシュジャケット・パンツなので。

あとで調べたら中央道は高いところで標高1,000m超えるそうな。山を舐めとるのかーーッ!
しかし荷物は最小限がポリシーである小生の装備にはインナーになるようなものはございません。当然雨具も無し。
とりあえず新聞でも買うかと次に見えたPAに入りましたが運悪くお店の無いPAでした。仕方ないので替えにと持っていたTシャツを重ね着、ハンドタオルを上腕部に、荷物の仕分けに持っていたヘルメット袋を胸に仕込みました。コレ無かったら死んでたわ…。

幾分寒さは和らいだものの根本的な解決にはならず。
歯がガチガチ鳴る程ではなかったので暫く我慢。
松本で降りて給油。

甲府昭和IC ~ 松本IC 97.5Km 通行料:1,520円
給油:サンリン松本エネルギー(株) 松本インター給油所 8.85L @125 1,081円

松本IC~深山荘~合流P 約260Km

 

ココから国道156号線等で富山を目指します。何度も走った道なので割と気楽。

156は快適な中速ワインディング。川沿いでは硫黄のニオイが漂っています。
ちょいちょい遅いクルマをパスしていきますがバイクは皆無。寂しい…。

通行料:安房トンネル 600円

あんまり寒かったもんだからやっぱり寄ろうかどうしようか迷っていた深山荘に立ち寄り、ひとっプロ浴びる事に決定。
徐々に空が白みはじめ、深山荘に付く頃には夜が明けておりました。

AM5時半。既に宿泊客が何人か朝風呂を楽しんでおられます。ボクも何食わぬ顔で浸かります。
肌が弱い癖に高温好きなどMなのでお湯の出口あたりで冷え切った体を芯から温めるのであります。
ちょっとオヤジに話しかけられたりするので身分がばれないよう、適当に話を合わせておきます。
2年に一回は来てるのでどんな所かだいたい知ってるし。
15分程でお湯からあがり、出発準備。

更に下道を使って富山県氷見市を目指します。
この時点で6時。深山荘から氷見までGoogleの計算では2時間半。
迷わず寄り道しなければ8時のホテル合流は可能という自分的計画でしたが7時に休憩したコンビニでグダグダしてしまいホテル合流は諦め、試乗会場で合流を目指します。その前に集合場所を確認する意味で一度寄ってから給油。

給油@米原商事(株) エネルギー部砺波給油所 8.3L @129 1,070円

給油後、再度『栴檀体育館』に戻りメンバーの到着を待ちますがなかなか来ないのであらためてタイムスケジュールをよく見てみると『栴檀体育館』となっているではありませんか!慌てて『栴檀山』体育館へ向かう旨連絡して再出発。9時過ぎ、ようやく合流する事が出来ました。

ここでウィリーさんとつるべえ師匠によるニューマシン品評会。ネタは「Ducati HyperMotard821」と「Triumph Rocket III」。どっちもかなりの変態バイクであります。自分はヒトのを(しかも峠で)サラッと乗りこなせる自信が無いので見物するだけ。でもハイモタは乗っとけば良かったな~。

合流~昼食 約144Km

その後、程よいワインディング~いつも通りちょっとアリエナイ酷道経由で道の駅利賀を経由し、昼食会場である荘川の『蕎麦正』へ下道で向かう予定だったのですが時間が押してたので途中、東海北陸道でショートカット。

 

通行料:~荘川 1,230円

帰路 約430Km

『蕎麦正』を出て給油、道の駅で解散。

帰りのルートは距離と計算上の時間では酷道156~中央道が有利でしたが高速の割合が多くバビューンと行ける太平洋ルートを選択。

途中ゲリラ豪雨で1時間程足止めを食らうものの東海北陸道~新東名~16号で楽ちんに帰りました。

給油:荘川シェル 7,83L @133 1,124円

給油:新東名 静岡SA

通行料:荘川~厚木 4,930円

総走行距離1,000Kmちょい。

748を買って直ぐの頃に大阪~福知山~飛騨高山の700Kmを1日で走った時以来の長距離/1dayを更新したのでコレを以て42歳チャレンジだったとします。

スポンサーリンク

-Bike, turing
-